前回パイロット、コックピットの塗装を終えたところでした。
まずはヒップヘビーにならないように、コックピット前に釣りの重りを仕込みます。
P1040705
エポキシ接着剤でガッチリ。
機体上面側のコックピット周りの黒は先に塗装してから、
上面と下面を貼り合わせます。ということでコックピット周りをマスキング。
P1040704
塗装後の写真を撮り忘れる失態。貼り合わせた後の写真で。
上下を貼り合わせて、主翼、水平尾翼、垂直尾翼を取り付けました。
が、主翼と胴体の隙間がどうにも気になります。
P1040706
P1040707
P1040708
パテで埋めてヤスッて均せばいい話なのですが、
おそらく均す過程で回りのモールドは消え去るでしょうね。
モールドを優先するか、隙間を埋めるか悩みどころではありましたが、
最終的には隙間を埋めることを選択しました。
タミヤのラッカーパテを盛って均しました。
P1040709
P1040710
思っていたほどモールドは消えなかったのは幸い。
全体をもう一度軽く均したら、皮脂をふき取って塗装に入ります。
まずはコックピット部分をマスキング。
P1040711
えっ周りはみ出てるやないかい、と思うでしょう。
人の部分だけマスキングが難しいだけで、
あとでまた黒は塗りなおすと思います。黒なので筆でもいいし。
以前制作したトムキャットと同様、機体のモールドに沿って、
EXブラックを吹いておきます。
P1040712
トムキャットより機体がだいぶ小さいので、すごく黒。
もうこれはほとんど黒立ち上げ。
つぎは全体をグレーに塗装していく工程になりそうですね。