タン塩によるタン塩の為のプラモデル製作記録

自称プラモデル中級者くらいのタン塩による自己満足プラモデル製作の記録

モチベーションの低下に悩まされながら、
少しずず進めているYF-19。
上下をタミヤの白蓋で貼り合わせ、
時間を置いてから様子を見ます。
その前に曲線美にうっとり。
IMG_0455
さて時間を置いて接着部分を確認です。
IMG_0456
IMG_0457
IMG_0458
バッチリヒケ。特に1枚目は結構深め。
2枚目・3枚目はタミヤのイージーサンディングで埋めて、
1枚目は瞬着ベビーパウダーパテを盛って削りだしました。
その後再度洗浄し、全体をガイアのノーツフレッシュホワイトで塗装。
フレッシュという名前なので本来は肌色向けなのでしょう、
ウォームホワイト系の良い色でした。サフレスだったのも追い風ですね。
次はデカールかな、ということで準備。
IMG_0462
IMG_0463
大きいのから小さいのまでかなりの数です。
小さいほうより大きいのが難しい。
大判デカールは直線的なものばかりなので、
結局マスキングして塗装することに。
IMG_0465
IMG_0467
多分バッチリ。
最近希釈や吹き方、圧、レバーの引き具合を
試行錯誤しているのですが、
そのおかげか、塗膜が安定してツヤツヤに仕上げられるように
なったと思います。
そろそろ主脚も手を付けなくては。

YF-19の仮組をとりあえず完了させました。
IMG_0451
意外と接着しても大丈夫そうなところが多かったですね。
いや、まだ大丈夫だったかわかりませんね(;'∀')
もう鼻血出そうなほどカッコいいです。
なんでこんなに魅力的なのかと。
マクロスに登場する可変戦闘機は基本的にみんなカッコイイですが。
アニメはプラスくらいしか見たことありませんけどね。
IMG_0453
この機種からインテークにかけての流麗なラインがたまりません。
現実の戦闘機にあるような増槽やパイロンが無いのが、
より美しいラインを際立たせてる、のかも。知らんけど。
塗り分けするかデカールですが、どちらにしろ
細かい塗り分けはそんなに無いようです。
パーツの合いもよく、サクサク仮組まで持っていくことができました。
ガンプラとは基本的に設計思想というか開発が全く違う為か、
パーツの薄さや細かさのおかげで、
下処理もほとんど必要ないですね。
主脚庫の蓋を接着するかどうか迷いましたが、
すべて接着で組付けておきました。
主脚のみ後から接着しようと思います。
以前トムキャットを作ったときに知ってはいたのですが、
戦闘機のプラモデルはヒップヘビーなので、機首が浮いてしまわないように
重りを入れることが多いようです。
これも入れるんだろうと思っていましたが、
今のところヒップヘビー感を感じませんね。
尾翼が小さいからかな?水平尾翼もないし。
一応少しだけ重りは入れておきましたが。
IMG_0454
コックピットとパイロットを組み立て、
パイロットは全体に白を吹いてから、
付属のデカールを貼り付けておきました。
小さくて参りましたね💦
しかも強い曲面に貼るのでソフターも
併用したのですがヘルメットの一部が破れてしまったので、
ここだけ後で筆塗りで補修しておきます。
デカールだけでまぁそれなりには見えたので、
パイロットは乗せる方向で組みたて。
結局取説で指定されているコックピット周り以外は、
裏打ちの塗装はせず、
いよいよ上下をタミヤの白蓋で接着!
2~3日これで様子を見たいと思います。

ペイルライダーの次はコレです。
IMG_0446
はいもうカッコイイ。マクロスプラス、YF-19です。
初ハセガワキット。
IMG_0447
はいもうカッコイイ(2回目)
前進翼カッコイイよ。
実は結構前に一度開封したんですが、
IMG_0450
これを見てそっと閉じました。
デカールヤバイヨ。でも頑張る。
さて、ハセガワのキットは初めてなので、
見てみると色々新鮮な部分もあります。
IMG_0443
アンダーゲートになってますね。
ハセガワは多いのか、それともコレだけなのか、
比較対象の経験が無いので分かりません。
モールドは繊細とよく聞いていましたので、
800-1000の3Mのスポンジヤスリで表面を均してみたのですが、
IMG_0444
ホントにとても繊細です。もういくつか消えてます。
繊細かつ細かくモールドが彫られていますので、
彫り返して汚くするよりは、このまま進行したいと思います。
サフを吹くともうモールドは無くなってしまいそうなので、
今回はサフレスで塗装していきます。
ですので、全体に足付けの為にもそーっとヤスリは必要ですね。
取説を見ながら組立順の確認、塗装順の確認をします。
IMG_0448
パイロット乗せる場合・・・場合?
自分、乗せなくてもいいっすか。
まぁ一応塗装とデカールに挑戦はします。
イサムが乗ってなかったら、あ、こいつ失敗したな、と思ってください。
ガンダムほど作品に詳しくないのと、
パーツ割がどうなっているのか経験がないので、
取説をコピーして色を書いてみています。
IMG_0449
やっぱりコックピットは先塗りですね。
あとはサフレスなので、透けないように機体の内側は、
サフとかグレー系で裏打ちしておいたほうがいいかもしれません。
あとはパーツの合いがどうかな~といったところ。
とりあえず接着して良さそうなところは接着、
そうでないところはテープ等で仮組を進めてみたいと思います。

前回パーツの塗装がほぼ終わった状態で、次は光沢クリアーです。
光沢クリアーを吹く前に少しパーツは組んでおきました。
IMG_0438
続いてデカール貼り付け作業ですね。
私はデカールを貼る場合は、画像のように
たっぷり湿らせたペーパータオルの上に、
デカールを置いて作業しています。
バリバリ貼り付けていきました。
IMG_0440
この画像では少し分かりにくいかもしれませんね。
何とかして今日中に完成させたいので、
軽く光沢クリア→一気に乾燥させて、艶消しで完成!
DSC01863
ガンダムヘッドは上手くまとまってくれたと思います。
塗り分けは頑張りましたが、仕上げはキレイかと言われると
うーん・・まだ足りない、という感じ。
精度が甘いのか、スミイレが濃すぎるのか、雑な感じ。
もっと丁寧に、力を抜いてを心がけてみようか。
腰のパーツを一部紛失していました、紛失というか、
多分ランナーから切り取り忘れて捨てちゃいましたね。
GUNSTAに投稿しました。

★★★GUNSTA★★★

ヤフオクにも出品しました。

★★Yahoo!オークション★★

さて、次は何を作りましょうかね。

パーツの下処理はおおむね終えましたので、
サフを吹いてパーツをチェックしていました。
しかし、またもやパーツを紛失するという失態。
しかも頭部丸まるです。ウイングガンダム製作から何も学んでいませんね。
いや、学んでパーツストッカーを慎重したはずなのですが。
考えた結果、部分塗装の艶消しで仕上げていたHGガンダムが
あったので、彼から頭部を頂戴することに。
IMG_0422
単純に乗せてみるとこんな感じ。まだイマイチピンときません。
白黒なのは、色の差を無くすためですね。
ペイルライダーの頭部バイザーは紛失せずに残っていたので、
それをアンテナの代わりにかぶせてみます。
IMG_0424
IMG_0426
だいぶイイ感じになりました。これをそのまま
接着してしまうと塗装が面倒なので、
ブレードアンテナの基部を流用して、
ハメられるようにします。
IMG_0427
アンテナ側は少し平らになるように削り、
バイザーは大きすぎる感があったので、
こちらもエッジ出し兼サイズ調整の為にヤスリで削りました。
さて、今回の色分けですが、
本体は設定色に近い配色で、追加パーツは彩度の低い色を使い、
ベース機に対して追加された部分が分かりやすいような演出とします。
IMG_0436
本体のほうは濃い青はガイアのマーズディープブルー、
明るいほうは、余っていたクレオスのティターンズブルーに、
ガイアのEXホワイトをたっぷり、その後ガイアのウルトラブルーを足して、
青みを調整しました。
追加パーツはガイアのブルーグレーで、
彩度は落としつつブルー寄りの色を使ってみます。
まだバイザーは塗っていませんが頭部はこんな感じ。
IMG_0432
しかしここで彼が帰還します。
IMG_0433
今更見つかるとは・・・。
どちらを使うか悩みましたが、
バイザー側の平ピンを削り取ってしまっているので、
ガンダムヘッドを採用します。
まず明るい青から塗装、そこからマスキングで塗り分けます。
IMG_0434
なかなか細かい塗り分けが必要ですね。
EXホワイトの隠ぺい力が高いので、白は後回しでも大丈夫。
色分けがおおむね完了したところで並べてみました。
IMG_0435
素体となっているのがジムスナイパーIIっぽいので、
そちらの配色を参考にしました。胸部コックピットハッチは、
EXホワイト→ガイアのスーパーイタリアンレッドです。
また肩部と脚部増加パーツの排気口的な部分の白のみ、
タミヤのエナメルフラットホワイトをエアブラシで吹いた後、
エナメル溶剤で拭きとる技法で塗装しています。
後で手元の資料のジムスナイパーIIのイラストを確認したら、
胸部と胴体、フロントスカートアーマーの濃い青と明るい青の
配色が逆でしたね。
ガンダムヘッドの時点で既に改造しているので、
まぁ細かいことは気にしないことにしましょう。
次はスミイレ、の前に一旦各パーツを
軽く光沢クリアーでコートします。
スミイレと、残っている筆塗り色分け作業のにじみ防止と、
デカールを貼りやすくする為ですね。

↑このページのトップヘ